Blog

2 Comments

SONY CAMERAS BRING "AVATAR" TO LIFE IN 3D

by Team Sony 12/18/2009

 

It’s probably not going to happen, but Sony could have received at least co-star billing on theater marquees when “Avatar” opens today.

As they say in L.A., we’re 3D players. From content creation and authoring, to providing the cinematic community with the technology it needs to bring its stories to life,  Sony is present is every aspect of the emerging format.

Taking audiences from their theater seats to the mythical land of Pandora in “Avatar” are Sony high-definition digital cinematography cameras. Cinematographer Vince Pace used the cameras to combine live action sequences with state-of-the-art special effects.

The Sony cameras were specially modified for 3D production, and used to shoot the majority of the movie’s jungle and action sequences, as well as soundstage work for interaction with the CG characters.

According to Pace, the cameras allowed his team to “create a unique and completely immersive 3-D experience . . . without impacting the creative direction of the film or disrupting the actors’ performances.”

This movie is the result of nearly four years of production, and what movie-goers will see on the screen represents the pinnacle of 3-D technology. Check out this article from the New York Times for more details. 

So here’s hoping “Avatar” does well and increases visibility for the 3D platform. I think it’s a pretty safe bet both things will happen.

After all, that’ll be good for Sony and ultimately, good for consumers as well.

 

 

Twitter Facebook Email

Add Comment

  1. guest_user wrote: December 20, 2009 1:47am

    〓 ソニ-グループのワールドベストに向けた技術革新の青写真 〓
    副題: 半導体レーザーを利用した立体映像(ホログラフィー)の技術方向と価値に対する報告書
    見た著者が日本語は基礎しか分からない状況なのでコンピューター翻訳による文脈の理解を助けるためにハングル原本を添付するはずなので
    韓国語にうまい担当者分は参照願います
    そして時間余裕になったらソニ-グループ会長様にこの文書を直接伝達するがウェッブの便利性によってウェッブに掲示することなのでウェッブ管理寝る
    社長に見て後グループ会長様に伝達してください
    グループリーダー次元で検討後推進されると研究人力管理, 費用調逹などが容易いだけなく何より早い事の進捗を期待することができるからです

    1. 書き始め
    先に私の紹介をしようとするならば国籍は韓国人で教育的, 民族的, 地域的, 政治的影響を打破したグローバルピープル哲学を持っている四十台男性です
    私が初めてホログラフィーに接するようになったきっかけは 17年前大邱豆類タワーで円筒状フィルムに韓国舞踊をする女性を記録した立体再生映像だったが円筒状フィルムに記録した単純な回転映像物でした
    光学映像応用分野の初期技術だったにもかかわらずレーザーの光源特性そのまま原色性と輝度干渉光特徴彼どおりの立体性がとても印象深かったです
    その後で関連書籍と研究を片手間にして来ています
    現代社会は技術革新の時代です
    無限競争で生き残るためには特許技術の先行獲得など競争会社より先に進んだ先駆け自適姿勢が必要です
    技術の大切さはコンピューターソフトウェア一分野だけで世界大金持ちに上がったマイクロソフト社のビルゲイツだけ見ても分かることができるでしょう
    2. 経済的效果
    ソニ-が世界ベストの一流に進むためには第一が技術革新です
    既存の限界的技術は経済的成長の多くの限界がありよって全然新しい次元の技術開発が必要です
    後に技術的概要を説明するが技術開発が成功した時の效果に対して何種類言及するようにします
    a. 超一流世界的グループで成長
    b. 天文学的なロイヤルティ
    c. 日本経済全体の復興
    d. 技術的進歩に対するノーベル賞授与可能性
    e. グループ広報效果とグローバルであったのも向上
    〓 立体技術が実用化になった時進出分野 〓
    立体コンピューターモニター-立体TV-立体プリンター-立体放送に必要な放送器機-放送局装備-立体キャムコーダ. カメラ-印刷各部の方-インテリアー部分(立体映像窓など)-広告市場-医療映像装備など
    一言で要約すれば非ジュエル映像部分の革命が可能だというのです
    その他にも前には世の中になかったがこの技術でよって新しいアプリケーションテクノロジーと製品が零れ落ちますね
    3. 技術ヶです
    a. 常用化された技術形態と製品
    株原理は敵と青色の偏光レンズを利用して波長が他の映像たちを雪の視覚車を利用して見る装置たちでコンピューターモニター用立体めがねや遊園地であるが博物館等展示空間で
    見える立体映画館等を持つことができます見て分かるがアニメーション主類の立体映像たちの立体感がきまり悪い位水準のクォリティという点です

    b. 立体映像研究所たちの技術開発動向と問題点
    ホログラフィーに対する研究の手始めは 時間がどの位経ったが実用化の道はまだ遠いと言える研究方向認識に対する変革がないからだ

    1-立体映像の原理

    Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap
    記録用株レーザービーム

    レーザー光源 スキャナで 被写体に
    レーザー光を注射させ 記録しようとする被写体
    記録

    干渉光用レーザービーム

    立体映像の原理はレーザー光とレーザー光が会った時干渉回折現象を利用したことで時は各どおり立体的に見える技術だ

    2-立体映像研究所たちの研究方向と短所
    現在研究所たちの実用化に対する技術方向の問題点らを大きく 2種で要約することができる

    第一は使われるレーザー光源の主類が気体レーザー装備で大きくて携帯が不可能で装置が複雑で使い方が難しくて光回答性が遅くて
    カメラやキャムコーダのようにリアルタイムで記録再生する装置光源をもっては不向きして結論的に携帯性がゼロという話だ

    代案 (半導体レーザーの長所): 小型で軽くて相対的に値打ちがチープで電流に駆動されるからリアルタイム光出力回答性がすぐれた半導体レーザー光源を使う

    二番目は現在研究所たちの実験方法は記録対象被写体にレーザー光を直接注射して干渉光を得てこれを記録する方式だ
    したがって自然風景や建築物など規模が大きいとか距離が遠い記録対象物にレーザー光を注射して
    記録するのは不可能だ現在使われるカメラやキャムコーダのように対象大きさと場所に構わずに記録可能するためには直接注射方式ではない他の代案が必要だ

    代案: 発想の転換が必要だ. コンピューターモニター, TVなどの映像は画素が集まって一つの映像を成すことのように画素の概念に近付いて入って行かなければならない.
    概念認識に対する詳しい説明は核心原理説明部分で扱う事にする

    〓結論的に研究所たちの技術開発動向は実用化方向とは距離が遠くて研究所次元の光特性実験と光の割合による画質に対する研究水準だ

    3-CCD, LCDの原理は普遍的知識なので省略

    4. 里精神立体映像のための核心詳細原理
    実用化のためには携帯が容易い装置の小型化が必須でありレーザー出力の早い回答性が要求される
    このような要素を皆満足することができることは半導体レーザーだけで光注射方式の現在技術の限界を乗り越えるためには画素単位のレーザー光変換出力が要求される
    a. 概念も

    〓excelに作成された文書 里精神立体映像原理概念も        
             

    Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap

    Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap
    Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap

    (光情報を含んだ電流値発生)
    可視光線 レンズ 光変換CCD
    (電流や抵抗値打ちで変換)

    画素対応半導体レーザー素子を意味する (画素対応半導体レーザーで出力された株祈ることは光ファイバー束を通じて干渉装置で入って行く)
    Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap

    Bitmap Bitmap

    (レーザーで物体に注射した反射光の
    概念で見れば理解しやすさ)

    火牛に対応する電流値打ちで 干渉光を作って立体映像光を作る装置
    Bitmap Bitmap Bitmap Bitmap 半導体レーザー光発疹

    干渉光

    (干渉光は半導体レーザーで発生した光を二つで分けてその中するかを使う)
    光送信は光ファイバー束使用

      原理附説 記録方法      
    核心概念の認識は CCDに入って来た匡正補が画素単位値形態で電流や抵抗値で
    変換されて火小単位の等しい光情報を持つ電流値打ちに火牛に対応する ★1抱いた早い研究所実験結果と映画の劇場上映
    半導体レーザー素子を駆動すれば刺光特性と等しいレーザー光が得られることです レントゲンなどの医療用使用,プロジエクター映像装置を
    がレーザー光に立体特性のために半導体レーザー素子で出力された光一部分を 念頭に置いたレーザー感応用映像フィルムを利用して記録する
    干渉光で使って立体映像を得る原理です
    ★2抱いたコンピューター,オーディオ器機,DVDなどに普遍的に
    コンピューターや TV 火小概念が集まって一つの映像を完成することのように半導体レーザー 使われている技術で光情報を音やデータ信号
    素子が集団化されたモジュールやチップ方式で製作しなければならないでしょう で変換する技術で一言で光情報をデジタル信号化
    &レーザー白色光応用& 真書記録する方法で半導体メモリー,CD,ハードディスク
    分かるように光の 3原色は敵.さび.請いでこの3種三原色が集まれば にデジタル符号化真書保存する方法です
    白色光になります 現在一般化された技術だからこの部分は技術上難しさが
    白色光をプリズムなどの装置を利用して光をまた 3原色で分割して ないし一般商用化においてデジタル化は必須です
    使う方式もあります
    レーザー光の特徴である遠くまで到逹する直進性,派手な原色の色感
    高い輝度等の特徴たちを過渡期的な技術で劇場の映写機光,LCDモニター
    のバックミラー光源などにレーザー白色光を使えば現在 LED 光源を
    使う時 画面が大きいサイズの TVやモニター,プロジエクターなどで
    画面が語置かれる輝度低下の問題点を解決することだけではなく
    画質改善の效果も期待することができます

    理解を助けるためにもう一度概念原理を説明しようとするとレンズを通じて入って来た可視光線の情報をグァンビョンファン CCDを利用して電流や抵抗値打ちで変換させて CCD 画素一つにあたる電流値打ちで
    半導体レーザー画素一つを出力して発疹されたレーザー光の一部は光ファイバーを通じて干渉光で利用して干渉回路装置から立体光で作る原理や写真, TV, コンピューターモニターのように
    画素がいくつか集まって一つの映像を作ることのように火小単位立体レーザー光いくつかが集まって全体的な立体映像を具現する原理です
    5. 実用化のための技術的要求事項

    A-図表の CCD 部分までは一般化された知識で技術的難しいことはなし
    B-レーザー発疹同調回では CCDで変調された光情報を等しい光情報値を持つ半導体レーザー光で一致させるのに必要な
    電子回路として TV 電子回路に使われる技術なので難しい点はないことで所存される.
    ※C-実用化のカギは敵. さび. 青衣刺光出力が可能な半導体レーザー素子が現時点で開発完了になったかと言う点だ
    立体映像研究所, レーザー光素子関連研究所などで開発完了になったら実用化の難しいことはないし開発時間とのけんかになるでしょう
    が半導体レーザー素子に対する情報収集は汎世界的な調査で学術誌, 新聞記事, 研究所, 応用光学アイコニクス科教授, レーザー関連研究所, 論文, 特許庁プロパティ検索, レーザー光素子に対する該博な
    知識を取り揃えた学者だねなどを通じて最新技術動向を把握するのが急先務仕事のだ
    立体映像の実用化未来は半導体レーザーが三原色刺光波長台を出力可能なレーザーが開発完了になったのかする点によっている
    ソルホックまだ未開発完了した打っても映像ビジュアル革命に近い経済的效果を考えて見れば半導体レーザー素子開発に投資価値は十分だと言える

    D-干渉回で. 装置は立体映像研究所で記録対象物体にレーザー光をスキャナに注射した反射光に最適化された画質を得るために光世紀の割合と角度による干渉レーザー光を合する
    装置で立体光を作る干渉光を得る装置だこの部分も立体映像研究所研究員の助言を求めたら技術的難しいことはないだろう

    E-記録装置に対する部分はアクセルで作った図表の記録方法参照

    6. 立体映像宰相装置
    デジタル信号やフィルム装置に記録した立体映像信号の再生はすべての事物を立体で記録可能なカメラ. キャムコーダが開発されたらその技術原理の逆順で映画や TVのように
    再生するのに技術的に難しさなしに現在技術で十分なので別に論議しない

    7. プロジェクト進行手順に対するプロセス

    a. グループ CEOの窮極的技術方向流れに対する洞察力, 立体技術の価値を調べるすぐれた眼目の直観力, 人類に技術で貢献する哲学などで
    が技術のおびただしい経済的価値を理解して実行推進する決断力がまずならなければならないでしょう
    b. グループ ceoがこの案件に対して調査する必要があると判断されれば二番目段階で各分野専門家たちを募集して異聞書と立体映像に対する最新技術動向に対する
    妥当性検討が成り立たなければならないでしょう

    文件に対する技術的検証に必要な専門家集団は下の図表のようだ
    Bitmap Bitmap

    ☆[この段階で技術的検定を通した後妥当だと結論が下ろされたら概念と認識を提供した対価で 10億ウォンの金銭的補償がほしいです
    総 110億ウォンの技術的デッ街がほしいのにグループの立場(入場)などを考慮して残り 100億ウォンは技術が成功して研究所で立体カメラ試作品が
    出た時支払ってもらうようにします.
    もちろん失敗した時貴グループで支給する必要がないので損失はないだろう .理性的であって良心的デッ加衣要求だと思います
    上部で言及したように光の三原色を出力可能な半導体レーザーが開発完了になったら必ず成功するでしょう
    も特許出現後この技術の天文学的経済価値は理解したであろう考えられます
    経済的価値とグループイメージ效果と広報效果. グループ会長様の成功による名誉と社会的位相などの価値に比べれば 110億ウォンは無理な要求ではないだろう
    毎年グループ次元の広告費もそれよりは大きいはずからです
    が技術が成功したらクライスラー自動車の児でコカやマイクロソフトのビルゲイツよりももっと大きい業績を残した CEOに記憶されるはずで社会著名人になるでしょう
    金額送金手続きは後半部に出ているメールアドレスでハングルで作成してこのメールで異聞書の収容可否結果を送ったら口座番号をメールで発送するでしょう]

    C. その次の段階は必要人力拡充と研究所設立の過程後本格的な研究開発段階に移りますね
    試作品完成期間に対する予想は半導体レーザーが開発完了になった場合 1年ほど多くの事情によった
    期限延長が不可避だとしても 2年は過ぎなかろう思います
    核心概念を除いた大部分の技術は現在にも TVやコンピューター分野, プロジエクターなどに広く使われているからです

    8. 仕上げ内容
    世の常すべての事が成り立とうとすれば認識と概念があると結果物が出ますね.
    アインシュタインの相対性理論の発見も買って来て認識があったから可能でした
    私は立体映像技術が実用化になろうとすれば現在研究方向とは全然違った新しい概念で技術の未来流れを思って直観力と洞察力を得ました
    私の提案する方式ではなければ立体映像の夢は絶対にかなうことができないという確信を得ました
    すなわち窮極的技術流れの方向を認知したのです
    ソニ-グループの資本と家電業界で認める電子技術力なら世界が驚く映像技術の革新を成功するはずと信じて疑わなくて長い間研究した技術文件を送ることに心に決めました
    ソニ-ノートブックのコンピューター技術, HD 放送装備. キャムコーダなどを生産してカメラ技術を保有した点. 完全デジタル化されたソニ-の TV 技術, ブルルレイドング新技術においても業界善導的に
    新技術に投資する決断性なども考慮したんです
    が技術の波及効果は前でも説明したようにアメリカクィルコムサの莫大なロイヤルティ, コンピューター運営体制の最強定木マイクロソフトなどに比べるところにならないですね
    が技術一つだけで日本経済全体が復興するでしょう .ソニ-グループはマルハルゴッもなくて
    会長様もご存知のとおりに歳月の時間の中で競争で生き残った企業とそうではなくて淘汰された会社やグループなどを見れば差異がありますね
    時代に合わせて変化することができずにこの前に成した業種に安住して有名無実するように衰落して行くグループたちを
    新技術に投資しないで時代にふさわしい新しい業種で変身することができなかった企業らは全部衰落の道を歩いているからです
    会長様が個人次元やグループ次元のワールドベストで向けるための技術で異聞件の価値を理解するのを心より願います

    会長様の眼目と識見を信じるが世の常仕事と言う(のは)つぼにはまるのではいやなのでソニ-でこの文件に対して多くの事情によって
    採択や伝達にならないことを気づかった心でこれからの私の歩みを申し上げます.
    2010年2月末日まで下のメールアドレスで連絡のない場合この文件を日本内最下七箇所以上の各種ウェッブサイトに無料で配布する予定です
    そのようになればインターネット特性の上日本全域にこの文件が広がりますね
    が文書の価値を調べる直観力と洞察力のある方々がこの文書を見てお爺さんを受けて実用化させなさいという意味で無想に手広く配布する予定です
    現在はソニ-グループの独占技術なので秘密裡に研究開発してすべての名声と呼ぶ独り占めすることができるが配布されたら全世界的無限競争状態になるでしょう
    未来の非ジュエル分野は当然現在の 2D 平面で里精神立体映像に行きますね
    が技術の本格的研究は 20年がダドエオがで今も早い方ではないですね. その間研究所たちの研究結果も相当することと予想されます
    立体映像の時代はあまり遠くない将来に実現するように見えます

    会長様のすぐれた識見と眼目にこの技術の価値を理解して研究開発して貴社の世界超一流のグループに再跳躍するのを心より祈願差し上げます

    2009년 11월 22일

    NOH KI HYUN

    〓注意: この文件の無断使用, 複製, 流布を禁止して nohkihyun の同意なしに異聞件の核心技術と内容の無断盗用を禁止して
    許諾なしに核心技術を利用して研究開発するとか商用化させる場合法的責任を問うことができることを告知します.

    2009-11-22

    NOH KI HYUN

    e-メールアドレス: skysouy@yahoo.co.kr
    skysouy@naver.com

    Reply
  2. guest_user wrote: December 21, 2009 11:27pm

    I’ve been looking forward to it!

    Reply

Leave a Reply

Sony Help or Support For questions or comments related to support, please click here.



We moderate all our comments so if you don't see it, don't worry. Check back soon.